総合型地域スポーツクラブ

総合型スポーツクラブ

総合型地域スポーツクラブとは

 総合型地域スポーツクラブとは、「日本における生涯スポーツ社会の実現を掲げて、1995年より文部科学省が実施するスポーツ振興施策の一つで、幅広い世代の人々が、各自の興味関心・競技レベルに合わせて、さまざまなスポーツに触れる機会を提供する、地域密着型のスポーツクラブをいう。」

 

 

■特徴

 老若男女を問わず、いつでも・どこでも・だれでも・いつまでも、スポーツに親しむことができるような環境を地域住民が主体となって行う活動。

 

「多世代」

・年齢・性別を問わず、生涯を通して気軽にスポーツを楽しめる

「多種目」

・自分の好きな撞木をいくつでも選んで楽しめる

「一貫指導」

・ジュニアからシニアまで一貫した方法で高度な指導が得られる

「コミュニケーション」

・地域の多くの人と接し、友好の輪を広げる

「拠点施設」

・地域のスポーツ施設を有効利用できる

「スポーツ指導」

・クラブ会員が一堂に会してスポーツを楽しめる組織的事業

 

 

総合型地域スポーツクラブに関する情報はこちら(日本体育協会HP)

 

総合型地域スポーツクラブについてはこちら(文部科学省資料PDF)