スポーツ振興募金

趣意書

趣 意 書
       [県民一人ひとりの力で本県スポーツの振興を!]


 県民の皆様には、日頃より公益財団法人沖縄県体育協会の事業推進にご理解・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

本協会は、69加盟団体(競技団体52、市郡体協14、学校体育団体3)や行政をはじめ、関係機関・団体と連携して、県民へのスポーツの普及・振興、青少年の健全育成、競技力向上並びに指導者養成等の推進母体として大きな役割を担っています。
その社会的な役割を認識し、主に次のような活動に取り組んでいます。
Ⅰ 国民体育大会関係
① 九州ブロック大会への選手団派遣 ② 国民体育大会への選手団派遣
③ 国体入賞者表彰式の実施
Ⅱ 生涯スポーツの普及・振興
① 沖縄県民体育大会の開催〔41競技(非採点競技含む)〕
② 沖縄県スポーツ・レクリエーション祭の開催
Ⅲ 競技力の向上事業
① 国体選手強化、優秀選手奨励、一貫指導システムの整備、指導者研修会、ジュニア強化対策、
優秀選手の確保、駅伝競技強化、企画提案型競技力向上対策等の実施
②日本代表強化合宿拠点事業の実施
Ⅳ スポーツの普及活動
① 指導者の資質向上を目指し、指導者研修会や公認スポーツ指導員の養成
② 生涯スポーツ社会の実現を目指し、総合型地域スポーツクラブの育成・支援
③ 体育・スポーツの振興等に功績のあった個人・団体の表彰
Ⅴ 広報事業
① 「海邦スポーツ(5月、12月)」の発刊
② 本協会ホームページを開設し、情報公開
Ⅵ スポーツ少年団の育成
① リーダーや指導者を養成し、スポーツ少年団の育成
② 各種競技別の交流大会を開催し、県内外における少年団の交流
Ⅶ スポーツコンベンションの推進
①沖縄県体協スポーツ会館を拠点に、スポーツコミッション沖縄の構成員として、県、   沖縄観光コンベンションビューローと連携し、スポーツコンベンションを推進し、    スポーツアイランド沖縄の形成に資する。

近年、沖縄県のスポーツ界は、特に、中・高校生を中心として九州大会、全国大会などで活躍する競技や日本を代表しアジア大会や世界大会等で活躍する選手が増えてきたことは誠に喜ばしい限りであります。
このように本県選手の活躍は、県民に誇りと喜び、夢と感動を与え、県民スポーツへの関心を高めるものであります。これらを通じて、青少年の健全育成や本県の社会に活力を生み出し、県民経済の発展に広く寄与するものと確信しております。
今後は、国民体育大会において、男女総合成績30位台の安定的な確保及び2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに本県から数多くのオリンピック選手を輩出できるよう競技団体・関係団体等と連携し、鋭意取り組んでいきたいと考えております。
折しも経済状況が厳しい中、誠に恐縮に存じますが、皆様におかれましては、趣旨をご理解いただき、本県スポーツの普及振興に一層のご支援をお願い申し上げます。

 
公益財団法人沖縄県体育協会     
理 事 長  佐 久 本 嗣 男